東京都内で雹(ひよう)が降りました。ゲリラ豪雨がよく降る夏の季節ですが、あられは珍しいですよね。そもそも、たまにしか降らないので霰(あられ)との違いもよく知らない人がほとんどです。どんな違いがあるのでしょうか?氷なのになんで夏に降ったのかも気になります。

スポンサーリンク




2017年7月18日、東京で夏の雹(ひょう)と霰(あられ)を観測

2017年7月18日、東京で雹(ひょう)を観測しました。ゲリラ豪雨が降りやすい夕方ですが、いつもと音などが違って気づいた人も多いようです。


↑白い霧みたいな感じに見えますね。


↑地面に打ち付けたあと、雨だったら白くなりませんよね。雹や霰の特徴です。


↑冷凍庫で作られる氷の大きさです。これが上から降ってきて頭に直撃したら・・・。怖すぎる。


↑電灯が割れちゃってます。怪我した人がいないといいのですが。下に破片があるかもしれないので二次被害にも注意が必要ですね。


↑これはひどい・・・。人の被害も心配ですが、農作物などに甚大な被害が出そうです・・・。農家の方も大変ですが、今後野菜や果物などに影響するかもしれませんね。

スポンサーリンク




霰(あられ)と雹(ひょう)の違い

霰(あられ)と雹(ひょう)の違いって知っていますか?自分は知りませんでした。漢字もなんとなく似てますし、石ころみたいのが降ってくる意味では違いがないものだと思っていたくらいです。違いは単純明快、大きさだけでした。

5ミリメートルで区別

霰(あられ)・・・5mm未満の氷の粒
雹(ひょう)・・・5mm以上の氷の粒

2つの違いは大きさだけです。野菜の葉っぱに穴が開いたり、車のボンネットがボコボコになるニュースは雹(ひょう)が多いのは、大きいから衝撃が強いからなんですね。

次、どちらからが降らない限り、また忘れちゃうと思いますが・・・。

スポンサーリンク




雹が降る条件は?なんで夏に?

氷の粒なら冬に降りそうなものですが、なんで夏に降ったのでしょうか?氷=冬、普通はこんなイメージです。

・上空が冷たい
・地面が温かい

雹や霰が降る条件はこの2つが揃ったときです。こうなると、上昇気流が発生します。

本来、氷の粒が地面に落ちていくときに溶けて水になったのが雨です。でも、強力な上昇気流のせいで、氷の粒が下に落ちずに、氷どおしでぶつかって大きくなります。

これが霰(あられ)や雹(ひょう)なんです。氷の粒が大きくなれば、上昇気流よりも重力が大きくなって地面に落ちてくるようです。

普通は、春や秋などの上空と地面の温度差が大きくなりやすい時期に霰や雹が降るので、夏に降るのは珍しいです。ただ、夏だから降らないってものではないってことです。知りませんでした。

霰(あられ)と雹(ひょう)の違い、夏に降った理由など、まとめ

2017年7月18日に霰(あられ)や雹(ひょう)が降ってびっくりしました。怪我人が出ないことが第一、気象用語については少し勉強になった出来事でした。