ハロー張りネズミの漫画の新作についての記事です。ドラマ放送された影響で漫画を読みたくなった人も多いようです。ドラマの宣伝も兼ねて、ハロー張りネズミの新作漫画がリリースされました。原作は昭和の時代ですが、最新版は小道具に平成感が出ています。

スポンサーリンク




ハロー張りネズミ、漫画の新作はヤングマガジン

ハロー張りネズミの漫画の新作はヤングマガジンで公開されました。26年ぶりの新作です。よく考えてみると、26年ぶりだと、平成3年までは漫画が出されていたということで、昭和に終了していた漫画じゃないことにちょっとびっくりでした。

7月10日版から2回限定で復活

ヤンマガにハロネズ新作漫画が載るのは、7/10、7/15の2回限定です。ドラマの初回放送に合わせた絶妙のタイミングです。

ヤンマガ発売から1週間くらいならコンビニなどで立ち読みできちゃいますが、1週間以上過ぎちゃったときは、本屋などでゲットするしかありません。

スポンサーリンク




その後の新作リリースは?

ハロー張りネズミの漫画の新作、ヤンマガ以降は特に予定がありません。作者の弘兼憲史さんとドラマの反響次第でしょう。

弘兼憲史さんは69歳ですが、大学教授を務めるなど、まだまだ精力的に活動されています。毎週の締め切りがある連載は厳しいかもしれませんが、1年に1回といったペースなら、ファンのために新作をリリースしてくれるかもしれませんね。

ドラマで人気が沸騰すれば、周りが黙っていないでしょうから(笑)。

スポンサーリンク




ハロー張りネズミ、漫画の新作にはスマホが登場

ハロー張りネズミの漫画は昭和が舞台ですが、今回のヤンマガでの新作では、なんとスマホが登場します。昭和の時代は携帯もなく、公衆電話や固定電話の時代。ガラケーすら普及していませんでした。

昭和はあくまで当時の背景であって、あくまで読者に楽しんでほしいのは探偵部分なのでしょう。新作漫画で初めてハロー張りネズミを知った人にも受け入れられるように、スマホを登場させた狙いもあるかもしれません。

昔は書籍や人からの聞き込みに頼った調査でしたが、スマホを駆使したスピーディな問題解決を感じられそうです。

ドラマでも、原作漫画の時代には存在しなかった電子タバコも出てきます。

ハロー張りネズミ、漫画の新作、まとめ

ドラマの放送に伴って、ハロー張りネズミの新作漫画が公開されました。ヤングマガジンで2週限定での新作リリースなので、コンビニや本屋から姿を消す前にチェックしておきたいところです。

また、この新作にはスマホが登場します。昔の漫画と比較して、時代が変わったことを楽しむのもおもしろいかもしれませんね。