ウチの夫は仕事ができない、ベランダの植物や粘菌がきれいだと話題です。ドラマの主人公の小林司は、アメーバのように動くキノコみたいな粘菌を愛してやまない人。自宅マンションにも植物がたくさんあります。ドラマを観た視聴者にはベランダが気になった人が多かったようです。

スポンサーリンク




ウチの夫は仕事ができない、ベランダで育てられている粘菌や植物

ウチの夫は仕事ができない、マンションのベランダがよく映りました。錦戸亮さん演じる小林司は森が大好きなので、ベランダでキノコや粘菌や植物をたくさん飼育しています。関係する視聴者のツイートを紹介します。

ベランダのキノコや粘菌がキレイ

ドラマを見た人のツイートです。粘菌って文字だと気持ち悪いですけど、小さなビンで木の枝や葉っぱといっしょにしておくと、かわいらしいですよね。

コケを楽しむ盆栽に近い感覚かな???

ウチの夫は仕事ができない、第2話以降もベランダや粘菌が映るシーンが出てきそうで楽しみです。連ドラが最終回を迎える頃には、自宅ベランダで小林司と同じ粘菌ハウスを作っちゃう人もいるかもしれません(笑)。

スポンサーリンク




ドラマ制作へのこだわりがすごい

ほんの一瞬しか映らないシーンでも、小道具にこだわってドラマが作られていることが分かります。

「ウチの夫は仕事ができない」では、家の中での夫婦の会話シーンが多いので、ベランダは単なる背景です。ドラマに集中していたら、後ろに置いてある小道具なんて目に入らない人も多いでしょう。

でも、この方のツイートから、ベランダには人物像を伝える役割があるんだなって感じがします。このツイートがウチの夫は仕事ができない製作陣に届いているといいですね。自分が道具係だったらうれしくて泣くかも(笑)。

スポンサーリンク




喜びのコメント

ドラマでキノコや粘菌がクローズアップされたことで、喜びのコメントを出している人もいます。

新井文彦さんは「きのこのき」という本の著者です。検索すると分かるのですが、キノコの写真は「美しい」「神秘的」。もののけ姫の森の中みたいです。

ウチの夫は仕事ができないでキノコや粘菌が映るシーンが3ヶ月近く続くはずなので、ここでも大きなビジネスチャンスが生まれていますね。チャペルと同じように(笑)。

ウチの夫は仕事ができない、ベランダの粘菌やキノコ、まとめ

ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」の小林司は粘菌やキノコが大好きなので、ベランダが森みたいにきれいです。粘菌やキノコがかわいいと思った人もいれば、細かい部分までのこだわった制作へ感心する人もいました。第二話以降もセリフや役者の表情はもちろん、後ろに置いてある小道具にも注目してみてくださいね。