セシルのもくろみがドラマ放送されることで、6年前のドラマ「バラ色の聖戦」に注目が集まっています。両方とも雑誌のモデルを舞台にした話だからです。セシルのもくろみを見ながら、バラ色の聖戦との共通点や違いを比較してみるのもおもしろそうです。

スポンサーリンク




セシルのもくろみ、バラ色の聖戦との共通点

セシルのもくろみとバラ色の聖戦の共通点は、雑誌モデルを舞台にした作品だという点。設定が似ている点もあれば、違う点もあります。

平凡だった女性にスポットライトが当たる

セシルのもくろみ、主人公は総菜屋でパートをしている女性です。一方、バラ色の聖戦の主人公は専業主婦。どちらもモデルという派手な仕事とは無縁でした。

強い女性を描いている点

セシルのもくろみでは、ライバルの女性モデルからの嫉妬、編集長との不倫などのドロドロな人間関係を経て、読者モデルから専属モデルに成り上がります。バラ色の聖戦も、体型に自信がなかった主人公が自信を付けて、旦那と離婚していまいます。

最安で2つの作品を比較するには?

セシルのもくろみのドラマは7月から放送されるので、バラ色の聖戦の原作を読んでみてはいかがでしょうか?バラ色の聖戦は全20巻なので、1000円で全部読めちゃいます。

↓バラ色の聖戦はこちらでレンタルできます。
コミックレンタル

セシルのもくろみ、バラ色の聖戦、両方を知っている人の感想

セシルのもくろみ、バラ色の聖戦、両方とも原作を読んだ人からは両方の違いを述べています。

・バラ色の聖戦はかなり波乱万丈、ドロドロ感がすごい
・セシルのもくろみはあっさりしているように感じた
・あっさりだからこそ、セシルのもくろみがリアルなのかもしれない

これは原作を比較しての感想です。バラ色の聖戦は深夜、セシルのもくろみは22時の放送なので、製作者の意図によって、原作とは内容が変わるでしょう。

気になるのが、原作との違いです。ドラマ「セシルのもくろみ」では、編集長の性別、旦那の職業など、原作と変えているところが結構多いのです。あっさりしている原作にドロドロ要素を追加されたドラマになるかもしれませんね。

↓バラ色の聖戦はこちらでレンタルできます。
コミックレンタル

セシルのもくろみとバラ色の聖戦、まとめ

セシルのもくろみとバラ色の聖戦は、どちらも地味な女性が派手なモデルの世界へ飛び込む話として、似ていると話題になっています。

スポンサーリンク