海老名美どりさんと泰葉さんの不仲説について書きます。海老名美どりさんと泰葉さんは血の繋がった姉妹。先日、泰葉さんが和田アキ子さんを告訴するという報道をきっかけに、姉妹の不仲がクローズアップされています。

スポンサーリンク




海老名美どり、泰葉、姉妹のプロフィール【不仲の前に】


↑海老名美どりさんの夫、峰竜太さん(アッコにおまかせ)

海老名美どりさんと泰葉さん、まずは姉妹それぞれのプロフィールについてです。名前は知っていても、どんな仕事をしていた人なのか知らない人も多いでしょう。不仲の理由がプロフィールにも隠されています。

海老名美どりのプロフィール

誕生日:1953年2月14日(64歳)
出身地:東京都台東区
学歴:川村中学校・高等学校、川村短期大学を卒業

海老名美どりさんは、NHKのドラマ「銀座わが町(1973-1974)」を代表作として女優として活躍していました。

1975年に峰竜太さんと結婚。最近はテレビ出演はありませんが、峰竜太さんの奥さんネタとして話題では「海老名美どり」の名前を聞きますよね。

若い人の間では、海老名美どりさんの顔は知らないけど、峰竜太の嫁ってことは知ってるって人が大半でしょうね。

今回の泰葉さん、峰竜太さんは大変ですよね。義理の妹が仕事のパートナーを告訴しようとしているんですから。今日のアッコにおまかせも出演するのは嫌だったでしょうね。

泰葉のプロフィール

名前:海老名 泰葉
誕生日:1961年1月17日(56歳)
出身地:東京都台東区
学歴:東京都立芸術高等学校卒業、桐朋学園大学音楽学部中退

泰葉さんは、落語家の娘として、幼少期からクラシックを習っていました。歌手を目指していたそうです。

1981年にポリドールレコード(現・ユニバーサルミュージック)から『フライディ・チャイナタウン』をデビュー曲でシンガーソングライターとしての道のキャリアをスタートさせました。

泰葉さんの職業を調べるとシンガーソングライターと出てくるのですが、今の若い人には???でしょうね。小朝の元嫁くらいしか泰葉さんのイメージはないでしょうね。

スポンサーリンク




海老名美どり、泰葉、不仲のきっかけ

海老名美どりさんと泰葉さんは不仲だといわれています。不仲になってしまった理由は何だったのでしょうか。

不仲の闇は深い

海老名美どりさんと泰葉さんは、林家三平さんの娘です。林家を継いでほしいと考えた三平さんは、どちらかに婿を取ってもらう必要がありました。

海老名美どりさんは婿を取り、泰葉さんは嫁ぎました。

お父さんの相続に際して、家を継いだ海老名美どりさんが、嫁に行った泰葉さんに対して遺産相続を放棄させたことが不仲を決定的にしたといわれています。

泰葉さんからすると、姉の海老名美どりさんが家を継ぐものだとお父さんが言っていたので、家を継がなかったとしても相続の権利には関係ないと考えていました。

やはり相続時のもめごとが親族関係を悪化させるのは海老名家という名家ならではですね。

スポンサーリンク




海老名美どりと泰葉の不仲は改善するか?

海老名美どりさんと泰葉さんの不仲は今後改善するのでしょうか?個人的には、どこかで不仲を解消して、姉妹仲良くやってほしいと思います。しかし、一度こじれてしまった関係を回復させるのは難しいでしょうね。

海老名美どり、泰葉、不仲のきっかけ、まとめ

海老名美どりさんと泰葉さんが不仲になってしまったのは、実家の相続問題でした。姉妹ゆえにどちらかが婿を取らないといけないところから相続放棄まで、海老名家という名家ゆえの不仲でした。血の繋がった姉妹だけに関係改善を望みますが、なかなか厳しいでしょう。