クォーターパウンダーが4月4日で販売終了となりました。材料次第では終了が早まるとマクドナルドは言っていますので、3月中にメニューから消える店舗も出てきそうです。クォーターパウンダーが終わってしまうのは仕方ないのですが、気になるのが終了する理由。予想してみました。

スポンサーリンク




クォーターパウンダー終了、理由をマクドナルドの決算報告から予想

クォーターパウンダーが終了するとマクドナルドから公表されたばかりですが、マクドナルド内部ではおそらくずいぶん前から決まっていたことだと思います。マクドナルドからの正式なコメントはありませんが、2017年2月の決算報告からクォーターパウンダーが終了する理由を探ってみたいと思います。

スポンサーリンク




2016年はお客さんを呼び戻す年だった

マクドナルドの社長(外国人の女性だったんですね)は、2016年はビジネスを回復させる年だったと振り返っていました。2016年に限らず、異物混入や使用している肉やアルバイトの不祥事など、マクドナルドには痛いニュースばかりがクローズアップされていた印象があります。

スポンサーリンク




2017年に重要視している3つの柱

社長は続けて2017年のマクドナルドの展望を語っています。キーワードは「menu/value」「店舗体験」「ブランド」。クォーターパウンダーの終了が関係しているんじゃないかと思うのが、「menu/value」です。

社長は「menu/value」について次のように語っています。

「引き続きお客様に喜んでいただけるおいしい商品を絶え間なく提供する」
バリューセットのラインナップやおてごろマックやバリューランチを強化する
「すべてのお客様にお得感と納得感を感じてもらえるようにする」

クォーターパウンダーは価格が高いメニュー

社長のコメント、裏を返すと、値段が高いメニューはやめると読み取ることができませんか?

下のメニューは、現在のマクドナルドのハンバーガーの一覧です。終了すると宣言したクォーターパウンダーとクォーターパウンダーチーズが価格のトップ2となっています。(ギガベーコンは期間限定なので、高くても買うかもってことで考慮してません)

お客様の数を増やす

お手頃なメニューを揃える

お客様が増えた(←今の目標)

単価が高いメニューを検討

クォーターパウンダー復活???

売上を伸ばすには、お客さんの数を増やすか、客単価を上げるかのどっちかしかありません。不祥事でお客さんが減ってしまったので、まずは高いクォーターパウンダーを削って安いメニューに切り替える作戦なんだと思いますが、いかがでしょう???

安い新メニューが発表されている

ちなみに、お得感を感じるメニューとして、200円シリーズに新たなバーガーが加わりました。しょうがやきの「ヤッキー」です。クォーターパウンダーのちょうど半額です。

クォーターパウンダー終了、理由を予想した、まとめ

クォーターパウンダーが終了するのは、急に決まったように見えます。でも、社長の決算報告を見ると、「お客さんにお得感を与えるため」、これが理由だと予想がつきます。実際に、200円バーガーのヤッキーが新メニューに加わったことを見ても、クォーターパウンダーはマクドナルドの低価格方針に合わなくなったと考えられますね。