一躍有名となったマリカー。どんな社長でどんな会社なのか気になりますよね。マリカーの社長が若くて、会社の資本金がすごい、実はこんな事情があるのをご存知ですか?任天堂との戦い以外にも注目要素がありますよ。

マリカー社は外国人を含めて口コミが高かったので、その裏には大きな資本金が影響していたと想像できます。
マリカー社のレンタル料金や口コミ【任天堂以外は高評価?】

スポンサーリンク




マリカーの会社の資本金と社長

世間を賑わせているマリカーの会社。裁判がどうなるのかも注目されていますが、マリカー社の資本金にはびっくりしました。

スポンサーリンク




マリカーの会社の資本金がすごい

マリカー社の注目すべき点は資本金です。なんと、1億9850万円。26歳の社長が自分の力だけで集めるのは厳しい金額です。借入金ではなく資本金なので、大きな会社から出資を受けていることがわかります。おそらくですが、ベンチャーキャピタルから調達したのでしょう。

ベンチャーキャピタルとは、成長が見込まれる企業に出資する会社のことをいいます。将来的に大きな会社に成長しそうな会社だけど、銀行が融資してくれるほど信用はない、こんな会社にベンチャーキャピタルは投資します。

外国人観光客を中心に人気急上昇していたマリカー社が将来上場することを見込んでいたのでしょうね。実際、外国人の評価や満足度が高いです。
マリカー社のレンタル料金や口コミ【任天堂以外は高評価?】

やはり、事業を大きくするには資金力がないといけません。マリカー社の急成長の裏に資本金アリって感じですかね。

スポンサーリンク




資本金を集めたマリカーの社長は26歳

マリカーの社長は、26歳の山崎雄介さん。

26歳はかなり若いですね。親みやすいように、プロフィールでは代表取締雑用係と紹介されています。

仮に法律違反でマリカー社がダメになったとしても、アイデアと行動力でまた別の会社を始めるかもしれませんね。著作権などは抜きにして、お客さんから高い評価をもらえるサービスを思いつくアイデアマンではありますので。
マリカー社のレンタル料金や口コミ【任天堂以外は高評価?】

マリカーの会社の資本金、マリカー社

マリカー社、任天堂との間で今後長い戦いになりそうです。資本金に注目してみると、資金調達の背景が予想できます。上場して大金を得るつもりだったベンチャーキャピタルも今回の件で痛い思いをしているんじゃないでしょうか。