2月24日の金曜ロードショーに中田英寿さんが出演します。金曜ロードショーは、いつもは映画ですが、今回はドキュメンタリー番組です。サッカー日本代表の中心選手だった中田英寿選手は、ドイツワールドカップ後に引退。その後、旅人やチャリティサッカーの姿をちらほら見ますが、テレビで語る今回は貴重な映像です。

スポンサーリンク




2月24日の金曜ロードショー、中田英寿さんが久しぶりに語る

2月24日の金曜ロードショー、中田英寿さんが出演します。「人生が二度あれば」と題して、過去に大活躍したのに、急に表舞台から消えてしまった人にインタビューを集めた特集が組まれます。野球選手や力士がいる中で中田英寿さんが唯一のサッカー選手です。

スポンサーリンク




突然引退してしまった中田英寿さん

中田英寿さんは元サッカー日本代表の司令塔。ワールドカップに主力として3度も出場した実績があります。イタリアのセリエAでもチームを優勝に導くなど、日本のサッカー選手では常に中心人物でした。

2006年のドイツワールドカップでグループリーグが敗退すると、そこで現役をあっさりと引退してしまいます。サッカーファンのみならず、一般の人もかなりびっくりなニュースでした。日本代表の中心選手がいきなり引退ですからね。当時まだ29歳で、だれも引退するとは思っていませんでした。

2月24日の金曜ロードショーでも、全盛期の中田さんのプレー、突然の引退、懐かしい映像が見られそうです。

引退後はあまり知られていない

中田英寿さんが引退後、何をしていたか詳しく知っている人はいますか?たぶん、ほとんどいないと思います。たまに、旅をしている姿が報じられたくらいですよね。

引退してからは50カ国以上を旅し、2007年にはモナコの居住権をゲットしました。自由に派手に暮らしているイメージですが、実はサッカーへの恩返しの活動もたくさんしています。

2008年には、世界で活躍したサッカー選手を集めて横浜で親善試合を開催しました。なんと、観客数は63,000人。それ以降もアフリカでサッカーを広めるための活動をしたりと、サッカーを広める活動をしています。

スポンサーリンク




2月24日の金曜ロードショーのみどころ【中田英寿】

2月24日の金曜ロードショーでは、又吉直樹さんが中田英寿さんにインタビューします。引退を決断したの心境、また2006年当時に戻ったら同じ選択をするのか、中田英寿さんがあまり語らない部分が明らかになります。

今、メディアに出てきたということにも意味があるんじゃないかなって思います。これからサッカーの普及活動をテレビを通じてやっていくとか、そんなサプライズがあるような気もしています。

引退した当時は現役復帰も考えていた

中田英寿さんは引退後、結局現役復帰しませんでした。でも、引退当時は、現役復帰も考えていたと語っています。

「自分がサッカーをやってて、好きでやってるわけで、その“好き”の部分が楽しめなくて、その時期も長く続いてて。」
「だったらここは一旦休んだほうがいいな」
「もしかしたら何年後かに戻る可能性だってあった」

ものごとって、最初は楽しいから夢中になるのに、突き詰めると楽しさってなくなるものです。
楽しくない、好きじゃない、中田英寿さんは感情に素直になって引退を決断したんですね。

引退してよかった

又吉さんが中田英寿さんに質問をします。
「あのときに戻ったら、引退しますか?現役続行しますか?」

中田英寿さんはこう答えます。

11年経った今でも、当時の引退は正しかったと思っています。

・自分の生き方や考え方を自分がを尊重しなければいけない
・環境が変わる事に対して覚悟が必要
・何に対しても責任をもってこその自由がある

自分の人生は自分で決める、決めたなら覚悟と責任を持って行動する。
はっきり言い切れる中田英寿さん、かっこいいですね。

2月24日の金曜ロードショー、中田英寿さんへの反響

日本代表の新旧の中心選手と比較していますね。
個人的には本田選手も病気と闘いながらがんばっているので応援してほしいですけど・・・。

やっぱりサッカーを続けてほしかったと思う人もいますね。
引退したのは中田英寿さんらしいですけど、サッカーファンはプレーを見たいものですからね。

スポーツ選手って、結果を出すことに一生懸命。
だからこそ、普通の人以上にいろいろものごとを深く考えるんでしょうね。
結果出すならまず日常から、我が身を振り返るいい機会になりました。