セシルのもくろみが低視聴率で打ち切り危機であると報じられ、別の意味で注目されるドラマとなりました。通常10~11話続く連ドラですが、ストーリーを短縮する動きがあり、打ち切りフラグと噂されています。

また、世間の意見を見ても打ち切り必至という状況です。セシルのもくろみが逆に気になります。

スポンサーリンク




セシルのもくろみ、打ち切りに向けたストーリー短縮疑惑

セシルのもくろみは1話も2話も低視聴率でした。早くも視聴率の回復を諦めて打ち切りへ舵を切ったのか、ストーリー短縮が3話であったと言われています。打ち切りフラグでしょうかね。

初回から続く低視聴率

セシルのもくろみは初回から低視聴率でした。

1話(7/13)・・・5.4%
2話(7/20)・・・4.5%
3話(7/27)・・・4.8%

5%を切ってくると打ち切りを考えるのが業界の慣習とのこと。

1話・・・人気ない?初回だから?様子を見るか・・・
2話・・・1話より下がった!5%切った!ヤバいかも・・・
3話・・・また4%台!これは打ち切りも視野に入れる・・・

4話で4%代が続くようだと、打ち切りへ一気に進みそうな感じです。

ストーリー短縮で2~3話縮小?

セシルのもくろみ3話では、すでに打ち切りを感じさせるストーリーの短縮があったと報じられています。

例えば、ハマユカ(吉瀬美智子)が夫からDVを受けている話がハマユカが我慢して収束した点。

DVって我慢して解決するものではありません。我慢したら夫が調子づいて、どんどんエスカレートするものでしょう。

主人公がトップモデルになるストーリーだけは外せないので、脇役の問題は削ってしまった感があります。

スポンサーリンク




セシルのもくろみ世間の意見からも打ち切り相当か?

セシルのもくろみの打ち切り報道についてのコメントから、打ち切りやむなしと感じることができます。もし、ドラマ関係者がコメントを見たら、ショックを受けるでしょうね・・・。

原作じゃなく、脚本への酷評

平凡な主婦がトップモデルに駆け上がるストーリー、これ自体はおもしろいという意見が多いです。視聴者離れを招いたのは脚本にあるというコメントもありました。

・埼玉であんなにダサい服を来ている人はいない
・女優が華やかで楽しみにしていたのに・・・

主演の真木よう子の演技と容姿

セシルのもくろみの主演を務める真木よう子さん。残念ながら、体型や演技が受け付けない視聴者が多いです。

・真木よう子の演技が大げさ
・セリフが一本調子
・モデルを目指すはずなのに最初から細い
・激痩せなのに胸だけでかい
・吉瀬美智子が主演ならよかったのに

とにかく真木よう子さんへの酷評が止まりません。不自然な受け付けない人が多いみたいですね。

画面が揺れて酔う

極め付けがコレ。初回や2話で見てみようと思った人も、画面の揺れで体が拒絶反応を示した人もいます。詳しくはこちらの記事に書きました。

先ほどの2つは感情の問題でしたが、これは体の問題。健康を害してまで、セシルのもくろみをみようと思う人はいないでしょう。

セシルのもくろみ打ち切り危機、まとめ

セシルのもくろみが低視聴率で打ち切りの危機です。4話も視聴率が低ければ、どのように打ち切りに持っていくか、無理やりな短縮にも目が離せません。