セシルのもくろみ1話で、主人公が三者面談のために息子と学校に行くシーンがあります。

三者面談といえば、学校の先生と会うので、母親ならスーツなどのカチッとした服装が一般的。でも、宮地奈央の服装は常識を覆すほどのインパクトでした。

スポンサーリンク




セシルのもくろみ、三者面談のシーンを振り返る

セシルのもくろみの三者面談のシーンは連ドラ1話でした。宮地奈央の息子である宏樹は御殿山学園という学校に通っています。埼玉の春日部から東京の品川まで通わせるとは、意外と教育熱が高いですね(笑)。

三者面談は無事に終わり、一安心していたところ、かっこいい女性とすれ違います。これが、雑誌VANITYの浜口由華子(ハマユカ)でした。

ファッションに疎い宮地奈央でもカッコイイと思わせるハマユカ、さすがです。息子が同じ学校に通っていることで二人が師弟関係になるので、この三者面談は宮地家の運命をかえるイベントでした。

ハマユカの豪邸を訪問し、またしても度肝を抜かれるイベントがまたやってくるのですが(笑)。

スポンサーリンク




セシルのもくろみ、宮地奈央の三者面談の服装がヤバい!


↑引用元:https://dorama9.com/2017/07/14/%E3%80%90%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%82%82%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%81%BF%E3%80%911%E8%A9%B1%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98%E3%81%A8%E8%A6%96%E8%81%B4%E7%8E%87%E7%9C%9F%E6%9C%A8/

息子の三者面談では、先生への印象を良くするために、小ぎれいでフォーマルな服装をするのが普通です。でも、宮地奈央はぶっ飛んでいるので、ラフな私服で御殿山学園に行きます。

画像が小さいですが、だらしない印象しかありません。せめてくるぶしは出さないでほしかったです(笑)。お母さんはこんな感じなのに、息子は制服をきっちり着ている・・・。

当然ながら、視聴者も絶句しています。


↑だれもが思い浮かんだでしょう(笑)


↑セシルのもくろみの設定を酷評。都内の私立に息子を入れるのに、あの服装はありえないと思っている人多そうですね。

スポンサーリンク




セシルのもくろみと三者面談、まとめ

セシルのもくろみ、三者面談で憧れのハマユカと出会う大事なイベントでした。ただ、宮地奈央の服装は世間の三者面談の常識からはかけ離れたものでした。